こんにちは、zirvaです。

今回はホグの投入方法について解説していきたいと思います。

1.投入方法

ホグの投入方法としては

・点出し
・面出し

この2つになります。裏ホグでの各防衛施設に2~3体ずつ出していく投入方法もありますが、ゴレホグでは多くのホグを編成に入れており効率的ではないため、ここでは省きます。

2.点出しについて

まず、1点出しは絶対にしないこと
ゴレホグとなると、編成にはホグが約30体ほど入っています。
それだけの数のホグを1つの施設に向けて出すのは極めて効率が悪いです。
次のようなデメリットが挙げられます。

・投入に時間が掛かる
・オーバーキル
・列後半のホグがばらける
・ばらけることによりヒーリングが打ちにくい

これだけでも、使わない方がいいというのが分かりますね。
基本的には2点出しを行いましょう。

3.面出しについて

防衛施設が列に並んでいる時に、その防衛施設の同時破壊を目的とする投入方法です。
メリットとしては

・タゲの分散
・オーバーキルを防ぐ

などがありいい感じですね。しかし、面出ししたサイドに防衛施設があると1点出しと同じようにホグがばらけてしまうので注意しましょう。


さて、ようやくホグ投入までの解説が終わりましたね...
これまで解説してきたのは基礎的なことでしたが、これからのゴレホグ記事ではかなり自分の意見が含まれていきます(笑)
それでは、今回はこれで終わりたいと思います。