クラクラ シュプとゴレホグ研究所

シュプこと『Supreme Tactics』と『ゴレホグ研究所』の合同ブログ( ´ ▽ ` )ノ

2015年05月

☆2に終わる人へ

こんにちは、zirvaです。

今回は☆2に終わる人へということで書いていきたいと思います。

まず、☆2に終わる原因として

・防衛施設を全壊出来なかった
・周辺施設全壊前に時間切れ

この2パターンで、次のことが上手くできていません

・ホグ投入のタイミング
・ヒーリングの位置、タイミング
・周辺施設破壊用ユニットの保持

1つ目のホグ投入のタイミングについてですが、ほとんどの人は相手AQ処理後にホグを投入しています。
これでは遅いです。
相手AQに対してこちらのユニットのタゲが向いたときにホグを投入してあげましょう。

2つ目のヒーリングの位置とタイミングについてですが、
まず、巨爆がある位置には先打ちか起爆直後に打ちましょう。
タイミングですが、よくホグのHPを見て打っている人がいます。もちろん、これも間違いではありません。
WTなどの範囲攻撃、タゲが何体かのホグに分散している場合はHPを見る必要があります。

しかし、単体攻撃に対してはどうでしょうか?
特に点出しした場合、攻撃を受けるのは初めの数体になります。
この場合、自分はホグのHPではなく声を元にヒーリングを打っています。倒されたときのあの声です。
それによって倒された体数をだいたい把握しています。

次に位置ですが、ヒーリングの範囲ギリギリにホグをいれます。
よく見るのは、ホグがいる点を中心としてヒーリングを打つ人ですね。
これでは範囲の約半分が無駄になってしまいます。
ですが、これを実行するのは難しいです。
これが出来ている人はほとんど見ることがありません。
範囲ギリギリにいれるとなると、感覚と慣れの問題です。
マルチで数をこなすことをお勧めします。
th9はマス3での練習を特にお勧めします。

最後は、周辺施設破壊用ユニットの保持です。
これはゴレホグに限らず時間切れを防ぐための技術ですね。
wizを1~2体ほど余らせるようにし、全てのヒーリングを打ち終わったあとに防衛施設が破壊し終わっているところから出します。

それでは、今回はこれで終わりたいと思います。

☆1に終わる人へ

こんにちは、zirvaです。

今回は、☆1に終わる人へということで書いていきたいと思います。

まず、☆1に終わる原因として

・基本が出来ていない
・ホグの投入位置

この2つかと思います。
基本が出来ていないというのは、AQ,援軍の処理が出来ていなかったり、ヒーリングがきちんと打てていないなどのことです。

皆さんは、ホグをどこから投入しているでしょうか?
Gowiの反対側から出したりしていないでしょうか?

ホグをGowiの反対側から出すと、防衛施設を破壊し終わる頃にはGowiが全滅しておりth壊せずに☆1という結果をよく見ます。
全壊するならばGowiにも最後まで生きていてもらわなければいけません。

特に2連巨爆を避けるなどの事情がない限り、Gowiの両隣からホグを2点出ししましょう。

そうすることでGowiへのダメージも減りますし、Gowiがタゲを取っている以上ホグへのダメージも減ることになります。

基本をしっかりとし、このGowiの両隣からの2点出しを行えば基本的に☆2~3を取ることが出来ます。

☆3を取りたい気持ちはよく分かります。ですが、初めから☆3を狙っていくのではなく、とりあえず☆2を取れるように何回かゴレホグをして徐々に感覚を掴んでください。

それでは、今回はこれで終わりたいと思います。

Surgical Hogs

こんにちは、zirvaです。
最近、youtubeでSurgical Hogsというタイトルをよく見ますね。

呼び方は変わりますが、ゴレホグのことで、していることは今までのゴレホグとほとんど変わりません。
変わっているのは

・ホグを外側から各自投入

ホグを3~4体ずつ外側から投入する性質上、ジャイで一度タゲ取りをし、ホグを投入することが多いです。

それによって2連を踏んだとしても1点出し、2点出しと違いホグが固まっているわけではないので被害が少なくなります。
また、防衛施設間に置かれているバネをほぼ無効化することが出来ます。

ただし、通常のゴレホグと違いとても難しいです。
まずは、通常のゴレホグに慣れ、その後にSurgical Hogsをしていきましょう。

それでは、今回はこれで終わりたいと思います。

Twitter
ゴレホグ研究所の更新情報をお届け∠( 'ω')/ Blog:クラクラ シュプとゴレホグ研究所https://t.co/n8OoGzyN4p